相続放棄ってなんだろう?

相続のためにしておくべきこと

相続のためにしておくべきこと

相続は誰にも必ず起こることです。
自分がする側になることもありますし、歳をとってしてもらう側になることも当然あります。
何時か必ず来ることですから、来たるべき時のために知識を蓄え準備をしておくことが大切です。
相続には優先順位があります。
財産を受け取る順位にも優先がありますが、その他に方法の優先というものがあります。
まず、どんな形式であれ遺言書がある場合は最優先で遺言による財産分割が行われます。
死んだ人は意思表示できません。
自分でこのような形で財産を分けてくれと口にすることができないのです。
その代わりのもの、故人の遺志を表示するものが遺言書です。
遺言書がある場合は個人が書き残すことで希望した財産分割方法が行われることになります。
遺言書がない場合に遺産分割協議が行われれば、法律で定めた分割方法より遺産分割協議が優先します。
遺産分割協議を行うのは故人に近しい者達です。
その近しい者達の意に添うように分けるのが良いだろうと法律は考えているのです。
遺言書もなく遺産分割協議も行われない場合は法律で定めた分割方法で遺産が分けられます。
この法律による分割方法は有名ですのでご存知の方も多いでしょう。
奥さんが二分の一、子供が二分の一という割合で分割する方法です。
相続財産の分け方の優先順位は、第一位が遺言で遺言がない場合に遺産分割協議があれば法定の分割方法に優先します。
何よりも遺言が優先しますので、死後に財産の分割方法を指定したいという方は遺言書を必ずご用意ください。

相続放棄によって起こる問題

大事な方が亡くなって、遺産を相続することになったあなた。
しかし、その遺産の中には現金や不動産などもあれば、借金などの負の遺産もあるかもしれません。
この場合、どちらかだけを相続することは出来ません。
プラスを取るのであれば、マイナスも一緒に抱えることになってしまいます。
借金などの負債がなかったとしても、税金が払えないということもあるでしょう。
その場合、相続放棄という手段もあります。
つまり、自分は一切受け取らないという手続きをするのです。
もちろん、こちらにも手続きが必要となります。
手続きのわずらわしさはもちろんのことですが、この先起こりうるトラブルを回避するためにも、一度弁護士に相談することをおすすめします。
なぜならば、あなたが遺産放棄することによって、他の家族の方の負担が増える可能性もあるからです。
先ほどもお話した通り、もし負債があった場合は、他の方へのマイナスの負担が増えてしまいます。
これを原因にした家族内のトラブルは頻発しています。
きちんとご相談して決められることはもちろんのことですが、弁護士がいれば双方にとっていちばん良い方法を提案してもらうことも可能でしょう。
相続で家族関係が悪くなるのは、避けたいところです。

Favorite

乳がん 再建
http://www.brnet.jp/
渋谷 マッサージ
http://rirakustore.com/
胡蝶蘭を買う
http://yamazaki-youranen.com/
エコカラット
http://www.ecocarat-navi.com/
外壁塗装 船橋
http://www.jutaku-shindan.jp/
大田区 不用品回収
http://www.meatball.co.jp/
香川 税理士
http://kagawakenchomae.q-tax.jp/
横浜 税理士
http://yokohamakitahigashiguchi.q-tax.jp/

2016/8/18 更新

ページトップへ